白崎海洋公園キャンプ場(和歌山県日高郡由良町)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

白崎海洋公園キャンプ場(和歌山県日高郡由良町)

難易度  ★★★★☆

施設設備 ★★★★☆

遊具設備 ★☆☆☆☆

kaigan1

白崎海洋公園HP

今回選んだのは和歌山県の白崎海洋公園のキャンプ場。

白崎海洋公園のHPによると、

由良町は和歌山県のほぼ中央に位置し、東は緑の山々に囲まれ、西は紀伊水道に面した豊かな大自然が広がる町。その西側で、町の姿を一変させ悠然と佇むのが「白崎海洋公園」です。国道42号から車を走らせること約20分、海沿いの県道にでると風景が様変わりします。太平洋にのびる群青の海と、太陽に照らされて白く輝く海岸線。”日本のエーゲ海”とも称される海岸は、人間が地球に誕生するさらに昔、約2億5000万年前にできたものだといわれています。

白崎海洋公園は、公園という名が付いているが遊具などは一切無く、特に何もない平地みたいなところだ。
とにかく、白い岩肌と絶景の夜景がオススメポイント。

マリンダイビングの教室などもあり、ダイビング関係で利用される方が多い。

白崎は戦時中に海軍基地で使用されており、石灰の採石場や基地などの使用で白い岩の間に穴が空けられているところが多数ある。

今は入れないように柵で覆われていて入れないが、子供たちが遊ぶ岩などが多数あるので少し危険だが遊具が無くても遊べるところもある。

そして、肝心のキャンプサイトだが、

キャンプサイトというよりは、ログハウスやコンテナハウスなどをメインに宿泊施設として利用しているユーザーが多い。

log-home2

今回は急なおもいつきで白崎をチョイスして真冬にチャレンジしてみたのだが、事前の下調べ無しで強行したのだが、まさかの大誤算。

昼過ぎに現地到着。

受付をクラブハウスで済ませ、サイトイン! なんと貸し切り!
風の影響を受けにくいサイトの説明を受け、その場でサイトを選ばせてくれました。

camp1

テント設置

キャンプサイトは両側が高い白い岩で覆われており、一見風の影響があまりなさそうに思うのだが、海側からの風がダイレクトに吹き込んでくるので、強風が吹き抜ける。

Colemanのテントを2人で設置したが、風が強すぎてフライシートをなかなかかぶせることが出来ない。

テントをなかなか建てれず1時間が経過し、テントの入った袋は天高く舞い上がり行方不明になり、子供たちもクルマに放り込まれて退屈の限界。
撤退も脳裏に浮かび始めたが、ここはなんとか食いしばってテントだけは建て終えた。

タープなんて絶対建てれない。鯉のぼり状態になってしまう。
ファミリーキャンプなんだけど、避難所の様な見た目に。

写真撮っておけばよかったけど、この状況で撮影は完全に頭から飛んでた。

夕食

寒さで指がカッチンコッチンになったのをテントの中で温め、夕食の準備に。
コンロでBBQしたかったんだけど、まずこの風じゃぁ無理だよね。
非常用に常備していたカップラーメンをテントの中でお湯を沸かしてしんみりと頂く。

テントの中は風の音でうるさく、揺れもすごいが何故か子供たちはこういう時に楽しそうなんだよねー

お風呂

ご飯も食べたし、お風呂に入ろう。

いつものキャンプは先に風呂に入りに行かないと、温泉までクルマで行かないといけないので酒を先に嗜めないが、このキャンプ場はキャンプ場内になんとお風呂がついている。

camp8

大人500円(小学生250円/小学生未満無料)

今回サイトが貸切状態で年末ってこともあったので、真っ暗闇の館内を自分で電気を点け、

風呂内の電気を自分で点け、(笑)

いざ、入浴。

風呂が焚けてるかかなり心配だったがきちんとお風呂は温かかった。

貸し切りのお風呂とうんと堪能し、風呂あがりの最高のビールを飲もう。

夜空

20時過ぎにやっと風が収まってきたので、外に出ると

空を見上げると満点の星空!!

北極で星空を見上げてるような感覚(行ったことないけど)。

チェアーをクルマから持ちだして夜空を見上げながらお酒とおつまみでまったりと嫁と時間を過ごすんだけど、この時間がほんとたまんない。

さんざん苦労して立てたテントと、諦めかけてた最悪だと思ってたキャンプもこの時間だけですべて吹っ飛んでしまった。

まったりしてると、クルマがやってきて、老人がふらっと私達のところに歩み寄って来た。

がっつり望遠レンズの一眼レフを持ちながら歩いてきた老人が白崎で撮影した星空の写真を見せてくれると言ってきた。

せっかくなので、一眼レフの小さな液晶で撮影した写真を何枚も見せてもらったが、これが和歌山?というぐらいの素晴らしい写真が次々と私の目に焼き付いていく。

子供たちも写真を見せてもらい夜空と液晶を見比べている。

老人と世間話を小一時間話し、星空の素晴らしさとカメラのマニアックな話もしつつ帰ってっ行った。

まとめ

白崎海岸は、はっきりいって初心者にはオススメ出来ない。

結構年中風が強く、ペグ打ちやテントの向きなどで危険な目にあうこともありうる。

風邪対策は事前に十分に用意していくべし。

あとは、子供を連れて行くにはもう少し遊具など遊び場があればいいかな?と感じる。

ログハウスやコンテナハウスを利用する分には十分楽しめるのではないでしょうか。

あとは、夜の景色が絶景。

周りに光がないので、真冬って事もあったが星がこんなに輝いて見えるのかと田舎育ちの私でさえ感じた。

強風でさんざんな目にあったが、こういうすんなりいかないキャンプほど記憶に残り、いいキャンプだったなぁ。と後々感じる。

行かれる際は風対策を十分して臨んでいただきたい。