向平キャンプ村 (和歌山県西牟婁郡白浜町)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

向平キャンプ村 (和歌山県西牟婁郡白浜町)

8月12日

スクリーンショット 2016-08-14 01.55.01

スポンサーリンク

サイトイン

白浜のキャンプ場にやってきました。
白浜といっても海水浴のイメージが強いですが、カヌーで有名な日置川沿いにある林間のキャンプ場なので、涼しさを見越して予約。

予約の段階では7月時点では空きがまだあり1泊2日で予約。

アクセスは大阪方面から来ると、阪和道を南下し日置川ICで降りて山間部に入っていく。
高速を降りてからは信号が少ないのですいすい行ける。

えびな温泉を通りすぎてすぐのところに右側に引き側を渡る橋があるので曲がって降りる。
すぐにぐるっと回って向平キャンプ場の入り口があり、謎の歴代プロレスラーの壁画の高架を入ってたどり着く。
白浜とプロレス何か関係あるのか、、?w

スクリーンショット 2016-08-14 02.09.02

受付横のカヌーハウス。
やっぱり日置川といえばカヌー。小さい頃に海でカヌー教室に行ったことがあるが、川でカヌーなんて川下りしたらどうやってもどるんだ?と思ってたけど、なかなかここの川の流れが遅いので意外と楽しめそう。

使用料金

高校生以上 430円/一人
小学生〜中学生 210円/一人
区画使用料 1080円/1区画

家族5人で合計2150円!(未就学児無料)

かなりリーズナブル。さすが町営。

そして肝心のサイトだが、、
10時INなんだけど、既に7割ぐらい埋まってる。どういう事?

管理人さん曰く、早く着て勝手にサイトを取っていく人が多く、早い者勝ちみたいな感じらしい。
空いているサイトをぐるっと回って取ったあとから知らせて欲しいとのこと。
「完全予約制」って看板に書いているのに、なんともテキトーな。。

クルマでぐるっとサイトを徘徊。

ここのサイトは川に近い1段目と、林に近い2段目となんだか2層になっているみたい。
どちらかと言えば、全体的に木は多いが川側は木は少なく開放的で林側は木が多く林間キャンプ的なイメージで、2種類の雰囲気から選べる様な地形となっている。

サイトの大きさは、だいたい7m x 7m      ピルツ19入る?
結構シビアな広さなんだけど、、、
あと、区画によってはど真ん中に木があったり、結構大きな木があったり、かなり斜めのところがあったりと、慎重に選ばないといけないポイントがいくつか存在。

今回はちょうど川側エリアと、林間エリアの真ん中ぐらいの端に木があるところを選択。
ハンモックを付けたかったので木が横に伸びているところを選んでみた。

テント設置

IMG_6766web

おとなりのサイトが3面空いていて、そのサイトが使いにくいサイトだったので誰も入ってこないだろうと見越して入り口をおとなり向けて設置。
通路を挟んで反対側にギリギリに寄せて道から見て奥側にリビングエリアを設置。

やっぱり、ピルツ19とランクルでかい。
7mx7mのサイトじゃぁタープ設置できない。小さいのは分かってて小さめのタープも持ってきてたけど、木の屋根があったので、今回はタープの設置は無しで乗り切ろう。
テントの補強用のロープを這ってしまうと完全に隣のサイトにはみ出してしまうので、
風が出ない事を祈ろう。

IMG_6765

周りを見渡せば9割はコールマン。さすが関西。
ピルツが目立つ〜

やっぱりピルツは設置が早い。
一人で立てても10分もあれば立ってしまう。なんか自作でペグの打つ角度なんかシートにして作ってる人もいてるけど、案外なんにもなくフィーリングで立ててもキレイに立つもんだね。

そして、後から気づいたが、グランドシート引くの忘れた。。

今日はウッドラックとか一式テントの横にレイアウトしてみた。
ちょっとしたレイアウトでおしゃれっぽい感じになるねぇ〜。

一通りの設置は終わったので、いざ川へ。

川遊び

IMG_6760web

キャンプ場から川へ下りる道があったので、そのまま川に乗り入れ。
結構大きい石もあるので、意外と走るの楽しい。

しかし、河川敷から出る時にスタック。笑
タイヤで穴がぽっかり空いて前に進めなくなってしまい、さすがのFRじゃぁ無理か。
4WDに切り替えて脱出。デフロックも付いてるし、ウィンチもあるし。相当な悪路でもぐいぐい這い上がれるよ、このクルマは。

普通の乗用車は乗り入れやめとこうね。出れなくなるから。

IMG_6761

川から見るキャンプ場

こうしてみると結構遠いんだけど、歩いたら意外と1分ぐらいで着くぐらいの距離。

IMG_6754

川の水はかなりキレイで、小魚も結構泳いでいる。
川の深さは川辺から3mぐらいまでは足が着くぐらいの高さだが、
そこから奥は大人でも足がつかないぐらいの深さ。川の流れはかなり穏やかだったので5歳の子供ひとりでも浮き輪で向こう岸に渡れるぐらい。

ただ、水が冷たい!今日は気温が比較的低い事もあってなかなか入ってられない。

結局2時間ぐらい遊んで、陸に上がってきた。

IMG_6764

温泉

川から上がってきて3時ぐらい?
ちょっとぐだぐだハンモックで揺られて、まったりな時間をすごしてそろそろお風呂の時間。
おとなりのえびね温泉へ。
えびな温泉は強気の18時までの営業となってるので、注意が必要。

あまりの暑さにフライングしてテント設置の時点でお酒をのんでしまってたので、
徒歩にてえびね温泉へ。徒歩でも5分ぐらいで着く距離にあるので、歩いて行くのも楽しいかも。

スクリーンショット 2016-08-14 03.01.48

何やら奥のほうにも建物があるので、入り口が分かりづらかったが、上の写真の左奥の扉から入っていく。

スクリーンショット 2016-08-14 03.04.26

扉から入ると、なんともノスタルジックな感じ。
外見のトタン張りからは想像できないような感じが味わえる。
中には売店があり、アイスなんかも買える。一個150円。

入浴料金

大人 600円
子供
(赤ちゃん〜小学生以下)
400円

結構料金は高めかな。源泉掛け流しの温泉ならこんなものか?
5人で2400円。これでキャンプ場代超えてしまった。笑

一応キャンプ場内にもシャワー室があるので、温泉に行かなくてもそっちで済ますのもあり。

スクリーンショット 2016-08-14 03.05.34

リバービュー。

残念ながら露天風呂は無かったが、ガラスが多くてかなり開放的。
日置川を一望出来る。
シャワーからすべて源泉なので、髪の毛や肌がなんかぬるぬる。
硫黄臭も結構するので、長男が小言をぶつぶつ。苦手な人もいてるのかもね?

晩メシ

IMG_6770

IMG_6772

明後日も奈良にグルキャン行くので今回は手抜き。

パスタと、鳥ブロック焼きと、生ハムアボガドと、サラダ。

他は画像無し!笑 食は好きなんだけど、なかなかおしゃれ飯作れない、、
ガンガン料理できるパパになりたいんだけどなぁ〜。なんか苦手。

でも、お酒のあてにはなるのでガツガツ食べて飲んでたんだけど、事件発生。
ビール足りないじゃないの。奥さんが気を使って8本ビール入れてくれてたんだけど、
足りないんですけど!!夏だし。
まぁここは我慢して、焚き火でもしてまったり。

焚き火は結構周辺に小枝など落ちているので子供たちとかき集めてきた。

さぁ〜今日も楽しかったけど、明後日からまたキャンプ!

綺麗に片付けて撤収しよう。おやすみなさい。