自作キャンプ用品@アイアンラック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

自作キャンプ用品@アイアンラック

スポンサーリンク

何を作ろうか?

先日のキャンプでS君が職人ばりの自作アイテムを持参してきて、嫉妬。

何かオリジナルの何か作れないかと、脳内模索を続けたんだけど、

結局、既存の自作品ばかりネットで目につき真似して作ることに。

まず、今のギアで物足りないものともっとおしゃれなものに変えたいものを考えると、

おしゃれなテーブルが欲しい、、

① 今使ってるコールマンのナチュラルウッドロールテーブル。

©Coleman japan

これはこれでかなりコンパクトになるので気に入ってる。やはりテントみたいに畳めるのが一番の利点だ。

ハイスタイルとロースタイルの切り替えも出来るし、脚もアルミ製なので非常に軽い。

② キャプテンスタッグのアルミテーブル


©CAPTAIN STAG

こちらは調理用に購入したが、今はちびちゃんの臨時テーブルとして活躍中。

値段もお手頃で、折りたたむとコンパクトになるので何かと使える。

ただ、やっぱり、テーブル、少ない。

家族5人もいると、調理テーブル合わせてテーブルが非常に少なくなる。

ランクルの積載量もルーフを付けたのでまだまだ積める。

何を作ろうかネットを物色していると、

PB0004A

PB0001A©PITAGORA BASE

アイアンラック!

これ、めっちゃおしゃれ。    しかも、簡単に作れそう。笑

なぜこの鉄脚のアイアンラックを選んだかって言うと、鉄の溶接なんてみんながみんな出来ないだろうからなかなかカブらないでしょ?って勝手な思い込みでこれを選ぶことに。

ということで、早速コーナンにランクルを走らせ材料を物色。

ネットの画像だけで設計図を書くこともなく、毎回失敗してるが、いつも通り頭の中で材料を考え寸法はフィーリングで。こんなことだから前回のハンモックスタンドみたいなことに、、
ハンモックスタンドは金額がオーバーしてしまったから今回は気を付けよう。。

鉄脚

ちょっと写真撮るの忘れすぎたけど、鉄の棒コーナーで鉄棒を物色。とりあえず手で棒のしなり具合を確かめてこれならいけそうと思う直径の鉄棒を選択。

直径12mmぐらい?だったかな。のひだひだの付いた鉄棒1mぐらいのを6本。値段は1本400円ぐらい。

天板

リーズナブルなSPF材っていうのがホームセンターによく置いてる。

自宅のテーブル作りによく使ってるんものなんだけど、これを。

SPF材は水に弱く杉やヒノキなどに比べると、耐久性がかなり劣るが今回は安く作るという事とSPF材は加工しやすいという事で、SPF材の1x8材を1枚チョイス。

値段は350円ほど。

加工

IMG_6835

天板はホームセンターで1x8をカットしてもらいました。1カット10円。

自宅でも切れるけど、10円ならまっすぐに切ってもらう方がいいと思い、アウトソーシング。

だが、予想外で機械でカットしてるのにまさかの2枚並べると10mmのズレ。

刃先分のズレじゃないねこれ。結局自宅でのこぎりハンドカット。

鉄脚は理想のテーブルの高さに合わせて長いのを同じ長さに4本にカット。

あとは、脚の補強の短い同じ長さのを4本にカット。

で、鉄の棒を天板を挟める位置と、脚の補強分に溶接。

溶接は5年ほど前に買ってほとんど使っていないホームセンターの安モン100V溶接機。
でも余裕の出来ヴァエ。溶接は工業高校でアーク溶接だけは取得したが、実務は素人。

で、鉄は錆びてくるので塗装。

ランクルのグリルを塗装したカー用品のスプレー缶で、下塗りサフェーサー。
こんな脚の塗装って下塗りいったのかな?笑

今回はつや消しブラックに塗装。

装着

ちょい、右足の方が斜めってる気が、、

なかなか角度の調整が難しいな鉄の溶接となると。一応寸法合わせて溶接したんだが多少のズレは出るものなのか。

まぁそんなに気にならないので角度はスルー。

問題は、強度。。

完全にミスった。ブニブニなねぇかこのラック。

もい一個太い棒にすりゃぁ良かったと後悔。通りでネットの自作アイアンラックはあんなに肉厚棒を使ってるのかと納得できた。

意外と板を挟んで脚にすると脚に負担がかかるのね。

まぁ使えないことは無いから今回はこのまま制作続行。

ただ、木の色合いが気に入らない。塗料でも塗ろうかと思ったが、家のカウンターテーブルを作った時のヴィンテージ風ワックスがかっちんこっちんになって使いものにならない。

もうコーナンに行くのめんどくさいので、どうにかならないか考える。

こないだ温泉行った時の目隠しの木が炙られていい感じを演出してたのを思い出して、キャンプ用のバーナーで火炙りの刑に。

悲鳴を上げているのか、ヤニがわんさか出てくる。

さすがにテーブルでこのヤニのねちゃねちゃは苦痛。

ネットで調べると灯油で簡単に取れて繰り返すと出なくなるらしい。

夏で灯油無いので、原付きのガソリンから拝借し子供のお古の服でフキフキ。

IMG_6834

左のSPF材が炙り前。右が炙り後。

鉄脚は塗装前。

組み立てて、、

満足。

画像は取ってるけど、ガレージの中じゃぁ雰囲気出ないから。

次のキャンプに行っておしゃれに写真を取ってアップしようと思う。

CAMP FIVEのトップページの画像もまだ取れてないので、アイアンラックも入れた写真を撮りたいと思う。

また、嫁ちゃまがキャンプ雑誌買ってきたのでそれ読んで寝よう。

おやすみなさいノシ