【必見】電源サイトの落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

【必見】電源サイトの落とし穴

以前、冬季にグルキャンをしてとんでもない目に合った。。

冬場は特に電源サイトで暖房器具を使う機会が増えてくる。
使う暖房器具で使うものと言えば、ホットカーペット・ファンヒーターなどがあるが、使用する器具はW数の高いものばかり、、、

キャンプ場は和歌山の田舎のキャンプ場で管理人は1人おっちゃんが8時まで常駐している。受付時におっちゃんは夕方になると「何かあったら、呑んでるから電話で起こしてくれ」とわけの分からない事をいいつつ受付をすませた。
我がグルキャンパーたちも電源からタイコリールで電源プラグからサイト内に電源を引き込んで、ホットカーペットなどを使用していた。

そして夕食の時間になり、貸し切りのキャンプ場で宴が始まる。
いい感じに皆酔ってきたぐらいで突然の停電。
サイト内の照明はランタンを使用していたので、さほど変化は感じられなかったが明らかに周囲が暗くなったので停電に気づいた。

とっさにブレーカーが落ちたのだと感じ、管理人を呼びに行くが管理人は寝てる用でピンポンで起きず、管理棟の鍵も閉まっている。

仕方なく、ブレーカーを探しに暗闇をさまよいやっとの事で見つけたブレーカーを上げてみるも、一部は電力が回復するもテント内は依然と変わらぬまま。

主電源のコンセントは蘇ったので、タイコリールを再び繋ぎ直そうとしてみると、

タイコリールが燃えかけている!

タイコリールは巻いた状態で大電力をかけてしまうと、発熱するみたいだ、、

あやうく火事になり、大惨事を引き起こすとこだった。。

タイコリール販売メーカーのWEBサイトを見てみると、巻いたままでの使用は発熱するため使用禁止となっており、黄色のテープが出ているところまで引き伸ばして使用するとの事。

タイコリールを使用する際は必ず、引き伸ばしてから使用する事をオススメする。